884のらくら日記! | ここは884/笹山の、のらくら日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 884 on  | 

五月蠅いって表現はホント良く解るっていうか、そういう言葉を発明した人はすごいなあと思います。

家の、居間の窓ガラスがまだ、未だに割れたまんまで、
ダンボールで補強とかしてある方は開けきったり出来ず、
空気の入れ替えが大変なので、結果台所の窓を全開にする事になっている。
全開にしても何故か台所側の網戸も熱で破れていたので、
もうこの時期ならではコムシさん大歓迎状態っていうかいらっしゃいませー!
的事になっている。
(コバエこなーずとか窓に張っておけばいいのかなあ…)

まあ、そんなこんなで。

こないだ、無頼法っていうか。無遠慮っていうか。
暴走族みたいな黒いあいつが飛び込んできた。

ブインブインバチン ぶいんぶいんスコンスココン ぶいんぶいんぶんぶんぶんぶんぶん
スコンスココン ばちんばちん

(休憩)

ぶいんぶいんぶいんぶいんスココン(蛍光灯に体当たり)ばちんばちんばちん(窓に体当たり)

行き急ぐ様はなんとなく暴走族にも引けを取らないとは思えども、
なんだか哀愁めいた物を感じる点で決定的に違うのかもしれない。
でも五月蠅い、という点では一緒っていうか。
まあ、こっちは元祖だから仕方ないのかもしれないけれども。

僕はのんびり型な割りに割とこういった虫をしとめるのがうまく、
前世は多分あれカメレオンとかじゃなかったかと思われる。
今までなんとなくハムスターだって思ってたけど、虫を捕まえるのがうまいのはハムスターとは違うところではないか。
と。

まあ、どうでもいいんだけど。

で、そろそろいい加減にしとけよというタイミングで立ち上がり、
雑誌を丸め手にしたところ、

すまない俺が悪かった、全部悪かったから堪忍してくださいと言わんばかりに締め切った台所の窓にぴったりくっついており、
窓を開けると素直に外へ出て行った。

蠅にも殺気って伝わるんだろうか。

なんとなく行き場の無くなった丸めた雑誌を振りまわしつつ、
出かけようとしてたんだった事を思い出してそのまま外出しました。

予断ですが、蠅ってなんか葬式とかあったあと飛んでると必ずうちの親戚は
亡くなっただれそれが葬式見に来たよとほほえましい顔で蠅を見るのですが、

僕から言わせたら蠅は蠅で、

仕留めたくて仕方ないんだけれども。

でも亡くなっただれそれだから、かわいそうだからやめなさいと言われるとちょっとそうかも?
と思わなくも無いっていうか。
むしろその場の皆を傷つける事になんのかと思うところもあり追い回すのを控えるんだけども。

なんだろうなあれは。
呪いというか言霊というか、ちょっと信じてしまった時点で僕もやられているのかなーと。

部屋に舞い込んだ蠅とか見ると複雑な気分になります。


まあ、いい加減にしろよ、の時点で出て行かないと、
仕留めますが…

前世がカメレオンだったとしてもなんとしても、今は人間なので食べずにちゃんと捨てます。
カエル飼ったら良いのかと、最近ちょっと考えないでもないです。
スポンサーサイト
Category : メモ
Posted by 884 on  | 0 trackback

Trackbacks

trackbackURL:http://think884.blog100.fc2.com/tb.php/340-f59d771b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。