884のらくら日記! | ここは884/笹山の、のらくら日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 884 on  | 

七夕。

先日から急性胃腸炎もどき(軽めのやつ)を患っており、
今朝方も引き摺ったまま出勤。
地元駅で電車が来ていたので、エスカレーターからホーム、扉まで一気に駆け抜けて電車に駆け込む。
(駆け込み乗車はおやめください!とくちをすっぱくして駅員が叫んでる)
(ごめん)
バチが当たったのか、次の駅に着く前の電車内で気分が悪くなり座り込む。
恐らく今顔紙みたいに真っ白だろうなと頭のはしっこで考えていたとき、
腕を叩かれた。
顔を上げたら40代後半くらいの女性が席を立って、座りなさい。
といってくれてた。
朝から泣くか思った。
なんだこれ。
七夕まじっく?

朝の通勤電車内で、心広く持ってこんなさっと席を譲れるものだろうか。
どんだけだ。
どんだけですかあなた。
ホントびっくりして、ありがたくて、何度もお礼を言った。


帰宅時、乗り換え駅にて笹を見上げる。
先日もう願い事は書いてしまったので、(しかも二枚もな!)
ニヤニヤしながら人のを観察。
「箪笥の足が治りますように」
がいっとうわらった。
なんだそれ。
なおせよそれ。
ねがってもなおらねえよ。
あと、「移動になりませんように!」(切実!)
とか。

なんだ、あとラジオで言ってたやつにも笑いました。
→「飼い犬の○○の噛み癖が治りますように!」

後は恋愛関係のものとか家族の健康とか受験やらが適当な所でしたが、
恋愛方面僕もなんか書いとくべきだったかなあ・・・;
とちょっと後悔中。
むしろ結婚出来ますように、だろうか。
もう大層な年なのに、
大層な年だと言う実感が伴わず、
身体ばっかりが老けてく感じの毎日です。
気が付いたらきっと墓ん中だぜ。

思いは重い。
人々の願いにしなだれてまるで
うなだれるようにいろとりどりのごくさいの
紙が

地下風に揺れる。

カサカサカサ

笹


横文字の願い事の書かれた短冊が翻った。

確実に読めなさそうだけどな。
西洋の神にでも打診するしかないだろうな。
それか素敵な模様、と流してしまうかもしれないな。


ブーゲンビリア
蛍光の赤紫の様な発色の良い
ひらひらしたちょうちょみたいなちいさい花(包)がアーチ状に咲いてる
星みたいな萼が白く
ちらちらとまたたくみたいに花の中から顔を覗かせる。
アーチの中心にメモ。
蚊と戦いながら
オレンジの灯りの下で
湧き上がる感謝と何かあったかいものに
くるんとくるまれたようできょうは一体なんだろうと思った。
七夕マジック。
人の優しさに泣ける。

月。
帰宅途中で見た月。
半紙に落とした墨汁の一滴をそのまま反転したみたいな
滲んだ月が通りの向こうでぼうやりと光ってた。
七夕満月。
にじませたのは誰かの僕のこういったうれしいなにかがかさなった
一滴みたいな。
そういう。
良い物だと良いなと思った。
スポンサーサイト
Category : 日記
Posted by 884 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://think884.blog100.fc2.com/tb.php/85-ff6841a5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。