884のらくら日記! | ここは884/笹山の、のらくら日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 884 on  | 

空飛ぶケーキ。

少し前の話し。
パンダ女子の会社の方の送別会があった折、
女子の元上司に何かやりたい事とか用意しておくものを尋ねた所、

『ケーキ投げつけたいな。新婦(結婚退職される社の方)に。』>元上司
「他にあります?…ないですか?解りました、じゃあケーキは用意しておきますね。」>パンダ女子

「結局、ケーキは向こうの新郎と新郎の上司も来てたのだけど、その方々が用意してくれてさ」>パンダ女子
「ちょっとまって、その…上司の人もおかしいけどかなり、それよりもそれを聞いて淡々とケーキを用意しようとしている君もその時点で何かおかしくね?」
「だってぶちょう(元上司)、やるっていったらやる人だから」>パンダ女子
「…」
「でね、その、向こうが用意してくれたケーキが予想外に二段でさ!」>パンダ女子
「ああ、ケーキ入刀、とかやったのか」
「そうそう、でもそのまま投げつける訳にいかないからさ」>パンダ女子
「ていうか、その時点でまだ投げる事を諦めていなかった訳か」
「だってぶちょー(以下略)」>パンダ女子
「で、仕方ないから、上の段と下の段分けて切って、上の段だけ皆で分けて食べて、残りのケーキを投げたよ」
「ちなみに、これがその時の写真です。」>パンダ女子



そこには良い大人が背広でケーキを投げ合う光景が繰り広げられていました。
吉本かよ…

このパンダ女子元上司氏、禿頭の組長の様な強面なのですが、
(会社が隣なのでたまにお見かけする)
(会社違っても同じフロアなのですね)
僕が荷物持って扉開けようとしているとさっと扉を開けてくれる様な、
ジェントルメンなんですよ。
強面ジェントルメン。
(他会社の子なのにな僕)
よもやまさかそんな奇天烈なひとたあおもわねかったすよ。
(良い人だ!とは思ってましたが)
(いや良い人ではあるんでしょうが)

このケーキ投げ大会は、送別会の終了間近にパンダ女子が「ぶちょー、ケーキどうします?」
と聞いた所、うん、と言ってケーキを確認した元上司氏が徐に手で掴んで新婦に投げつけ、
第二段を新郎の会社の方(上司?)に投げつけ、
第三弾を自分の禿頭に乗せて

「しゃんぷー」

とかやっていたのをかわぎりに、(生クリームをくるくる頭の上でまわしてたらしい)(むちゃくちゃです)
その後、全員酔っ払いながらケーキ塗れになり宴は終了したそうです…

そういえば、
飲んでる席でも、パンダ女子が

「ぶちょー、前髪あるじゃないですかー!」
(驚いた声でサラダのほうれん草かなんかを部長に差し出す)
(トス上がったよ!)

「ほんとだー!」
(嬉しそうにそのほうれん草を禿頭に乗せてはしゃぐ元上司氏)
(アタック!)

みたいな事もしてたらしいです。


話を聞いて、

まだまだだなあ…僕も。

と、
笑いすぎて痛くなった腹を抱えつつ思いました。
スポンサーサイト
Category : 日記
Posted by 884 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://think884.blog100.fc2.com/tb.php/92-eb47f419
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。